トップページ >  すっぽんの健康効果 >  すっぽん料理の歴史

すっぽん料理の歴史


男性の精力増強や女性のアンチエイジングを考えている方に人気になっているのはすっぽんです。 男性だけではなくて、女性にもすっぽんは好きな方が目立ってきました。 美肌にしたい時にはコラーゲンがたっぷり含まれたすっぽんは欠かせないものだからです。

すっぽんはいつから、日本人にはおなじみのものだったのでしょうか? すっぽんの歴史は古くて、縄文時代の貝塚から化石が出土しています。

縄文時代から、すっぽんは食べられてきたと考えられています。 弥生時代の遺跡の静岡市の登呂遺跡からも、スッポンの骨が出土しています。

大昔から、日本人はすっぽんのめぐみをいただいていたのです。 奈良時代には、『続日本紀』の文献にもすっぽんが出てきます。 琵琶湖周辺で取れたすっぽんを天皇に献上していたらしいのです。

江戸時代になったら、庶民でもすっぽんを食べることは一般的になってきて、数々の文献や記録にもすっぽんを食べに行くシーンが登場をしてきました。 食べ方は主に鍋や焼き物にして食べていたようです。 しかしながら、やがては寿司やてんぷらが庶民には人気の食べ物になったので、成長に時間がかかり手に入りにくいすっぽんは高級なものとなってすたれてしまったと考えられています。